をよみがえらせる一針-談プロスタグランジンE 1治療性の免疫力低下機能の障害

フランスある医師が患者の作血管撮影時に、意外な発見は血管拡張薬や現像液打ち込む株動脈後、患者のペニス勃起薬を発見自然,直接注射ペニスを治療することができ性無能など、性の機能の障害の治療の重大な革命、注射を打ったらペニス勃起を楽しむ男女の親密なセックスではなく、夢は事実.

を直接注射薬、陰莖の海绵体内治療性の機能の障害は、この10年近くの大きな突破.病人は手術や長期的な薬以外の別の1種の選択、性の機能の障害患者の中で、約70%の血管病変あるいは90 %の神経病変(例えば脊椎損傷)の患者は、この療法はきわめて良い反応.この類の治療で芽生えた時、多くの医師を採用して、しかしほどなくこれらの薬物発見打ち込ま-罂栗アルカリになると、多くの重篤な副作用は-を含むペニス勃起陰莖の持久、海绵体線維症、陰莖の曲げなど.

を科学者はこの研究は、ついに発見プロスタグランジンE 1同じ効果が、合併症は少ない.幾多の臨床実験は、西暦1995年、アメリカ食品衛生管理局(FDA)ついに通じで診断や治療にプロスタグランジンE 1ボブから機能障害の適応症.

患者も心因性インポたり、生理性インポ限り、上記の薬物注射後の無不良反応、かつペニス勃起して無事、性交の使命は、この療法を受ける機会.臨床の上で、血管性病変や神経性病変の病人が一番よく次のこういう方法の治療を受け.でも、薬は直接注射で命を直接注射する、基本的な条件は注意して.

まず、患者やその性件とも自分が適任ペニス海绵体注射の仕事を経て、専門の医療スタッフの指導した後に、注射部位、滅菌技術や注射方法もまだで使用できる.次に、注射療法を引き起こす可能性の合併症がけるの理解.最も重要な量を制御するために、必ず守って医者に確かに、任意足を付ける量が、より良いものを仲直りする友達は共有.これらの薬に不正使用は招きやすい異常持久するから、陰莖に永久性損害.

による臨床経験や医学部報告によると、約20パーセント30の患者の治療を受けた後、治療効果が2~3ヶ月以上、ある人さえ及ばない注射さは顺調でペニス勃起し、他の人はこんなに幸運,免疫力低下、ずっと続で注射をしなければならないがペニス勃起.だから、必要長期注射、ある人は減っていくと投与量は増えても、人によっては、一般的には、糖尿病人や高血圧患者に必要な量が高く、神経性や心理的インポの患者に必要な量は少ない.

pは、Pの注射副作用は多くないが、特に気をつけて.血腫的には血腫、薬物アレルギー(少なく発生)、短い軽微の痛み、痛み,眩暈、病的性持続勃起.薬注にならなければ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です