世界保健研究、長期携帯で恐緻脳の免疫力低下癌

は世界保健機関監督の行う一つ大規模の国際研究し、長期の携帯電話の使用、増えるかもしれない罹患脳の癌のリスク.研究は本格的に年以内に発表される.香港の文匯報によると、この研究は10年時間が完成し、合計2、000万ポンドを合計するという.初歩の結果、いくつかの調査で、携帯電話の10年または以上以上、脳腫瘍のリスクが明らかに増加しているという調査で分かった
.この研究を調査の携帯電話の使用と罹患さんの脳腫瘍とだ液せん腫の関係.捜査員は22000-2004年間、じゅうさんカ国を訪問した約128万人を含め、脳腫瘍の患者と健康の良い人で、彼らの習慣を携帯電話の使用は何の違い.この調査結果、科学雑誌の調査結果を、今年底前に掲載していた科学雑誌の調査結果を送りつけしている.報告書は、各作者はどのように言葉遣いを検討するかを報告し、報告書が遅延発表された.この研究を行うッカーは,公衆健康メッセージとして、各国から携帯電話で新しい警告を発しているという.イギリス衛生部はよんしよ年ぶりに更新の携帯電話の使用を導いて、既存の証拠として携帯電話の使用を引き起こすことを表示すっていない健康問題だけを提案励まし児童携帯電話での非必要電話や、成人は端的に言う.逆にフランスなど多くの国が警告、アメリカ政界の人も携帯電話のリスクを緊急調査.携帯電話の発ガンの正確な研究結果はないが、今の研究は、健康に影響を与える可能性があるとしている.児童は携帯電話の主張を制限するが,免疫力低下、全面的に禁止されない,携帯電話は非常に重要なツールで、児童と親は連絡を保つことができる.無線週波波の影響を受けて減少の方法で、例えばハンズフリー装置と減少通話時間も、実行可能な.」この研究が評者と欠陥が訪問対象は、毎週一回だけで携帯電話の人、子供は未登録されて調査範囲は、携帯電話のリスクが薄れ、参考までに各種の研究によると、携帯電話ではち項研究の中で、ろく項発見患上脳腫瘍の中で最も一般的な神経膠腫リスクの増加.イスラエル一つは研究し発見して、長期の携帯電話の利用者は、患上耳下腺だ液せん腫のリスクの高い約50%.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です