妊婦は妊娠中に妊娠中に薬の免疫力低下薬を飲んで禁忌を飲んで

妊娠する前3ヶ月は胎児器官形成時期、妊娠6週間時脳、肝臓、外耳は形成、7週間後目、鼻、唇、舌、歯の胚から生成.この段階で外来毒素に対して最も敏感で、薬を投薬することが不当で、先天性奇形になりやすいです.妊娠中3ヶ月、薬を使用しないでください.

妊娠3カ月後、妊娠中期に入り、慎重に薬を投薬することも必要です.このとき、胚胎発育はすでに形体の段階になって、血薬の濃度が高くて胎盤の薬物に入ることができます.この時、妊婦応用テトラサイクリンドキシサイクリンなどの抗生物質、将来子どもが発生する可能性黄染歯歯、蛍光、虫歯、牙釉质発育不全、骨の成長抑制など多くの問題
.妊婦の大きい線量あるいは長い時間あるいは長い時間使うならば、発生率はもっと高いです.

免疫力低下

免疫力低下

エタノール(アルコールの作用)胎児に対してきわめて鋭敏、毒副反応の発生率は32%、後に赤ちゃんの発達が遅れて、知力の低下、心臓血管の欠陥、関節異常や性早熟、甚だしきに至っては中止になること.

産前、胎児、胎児の保護に注意して、むやみに薬を投薬しないように注意してください.慢性病を患って、長期にわたり服薬の妊婦をわずらって、医師に教えてもらい.薬の胎児に影響を与える場合は、減量薬や短期停止薬のやり方、胎児の平安を保証する.血圧を下げる薬を引き起こすかもしれません利血平、新生児眠気、低体温症、ドキドキ緩徐など副反応、必要に応じて減量薬、あるいはその他例えば漢方薬降圧薬.血圧は高くないが、薬を一時停止し、分娩後に再び薬を回復します.産前は、効果的に激しい薬を禁止するため、下剤下剤、効率的に、利尿薬、子宮の強い収縮の薬物、流産を避ける.大きい線量のサリチル酸塩は解熱鎮痛薬、アスピリンも応用できなくて、この品は新生児の血小板機能を抑えて、脳出血、頭血腫、脳浮腫、神経損害などの深刻な結果を引き起こします.産前は、ヨウ甲状腺機能低下、または甲状腺機能低下による新生児甲状腺機能低下.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です