悩免疫力低下みを閑

自分の影がだんだん伸びて、影の痛み、また誰が知っています.しゃがむはそれをさわって、それも同じポーズで私を慰めて、私のしようがないまた誰がはっきりして、影は私達が互いに依存しています.私はしゃがみにしゃがんで、影を見て:すみません、私は役に立たない、あなたに不平を受けさせました.

私は夜に、孤独とあなたと私が伴う、yall、私とあなたは、その枕元には、外に行きます.闇にさすっ、現実には孤独.まるで切断の水平線、半々.背中の囁き、前の裏切りは、、、、、、、、、,免疫力低下、、、、、、、、、、、、,
,、、、、、、、、、.影、あなたは私に付き添って一生、裏切り、私はあなたの一生を踏んで、私はあなたの一生を踏んで、1度もなかった.今、私は心が柔らかくて、あなたに付き添ってこの孤独を享受して.ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい.

p>を待ち望みます<相、今生寂しくない、今夜無話は、ただつまらないから最も薄くて、暇になるとつまらなくて、暇になると閑嘆いて、最もゆるやかな老人心が重苦しい.ふと思い出す李清照の一言:この言葉探して探して、うら寂しい、うら悲しい︶ぅ、寒い時、一番難しい休息する、三杯淡酒ふたつ、なぜ敵彼、遅れて風が急に.ガンも、悲しい、とは昔から知り合いになっている.ある人は、憔悴の黄花、憔悴の損失、今は誰が摘んている?守っている窓児、独自怎生黒い.梧桐より霧雨,黄昏、点々と、今度は、第一、愁字として、どうでもいい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です