男子の免疫力低下牙肉の肉は3歯萎縮する

普段は真剣に歯を磨いてもありますか?1名の39吴姓男子、引き出してたばこにじゅう年近く、夜歯を磨いでも気軽に、ブラシを2つの感覚は歯が歯磨き味は終瞭、半年前に次々と現れる歯ぐきの腫れ、歯揺れや萎縮などの問題、アイスを食べる感じて歯が痛不快感や検査発現はもう深刻歯週病、三歯間を受けなければならない、また必要全口歯週統合治療.

p国人9割以上が歯歯根病

患者さんはいつも清潔にできない歯を招き、半年以内が続々と登場して歯を磨いて血を流し、歯ぐきの腫れ問題、また最近1ヶ月が歯の肉が萎縮し、診断まで深刻な歯週病が割った茶碗をついで見る.調査によると、同人が歯病にかかる割合はアジア一、九割以上の成人は歯歯病.しかし、一般民衆はよく分からないことは歯の歯病,臨床症状が出てきた時、治療の時間、時間がかかり、多くの精力的な治療を必要としています.

Pは歯の病が深刻になって、ハニカム性組織炎

に緻

童総合病院の医師余敏口腔医学部と呼ばれると、歯週病は主にプラークの細菌によるとともに成長し、時間、菌が累積して石灰層の形成牙結石、歯石が創造のひとつの適当プラークの成長の環境、悪循環させ、より多くの累積歯石;プラークを歯ぐき炎症を起こして、出血、はれ、さらに刺激歯槽骨を吸収し、歯が揺らぎ、急性発作期も組織形成セルラー性炎.

p歯殘病治療健と一部の給付についてp>余敏<と呼ばれる医師によると、歯週病の治療を段階的に、第一段階の治療の過程を含む全口歯週検査、スケーリング、歯肉の下で歯石刮削、噛み合わせに調整、回受診を追跡、そしてすべて健康保険給付に第一段階反応不振の患者は治療を受ける必要があり、第二段階の歯週手術.第2段階の歯週手術治療は局所麻酔をして歯莖を整えるべき歯槽骨、根、手入れや縫合、全体のプロセスの健康保険給付;しかし患部により深刻なのは、医師会としての病状は手術の過程の中で、提案補人工骨粉と再生膜は、健康保険給付のこれらの追加プロジェクトが病友自費ではなく、各手術患者も受け入れる必要が骨粉と再生の膜の治療.

Pは、歯病から遠く離れて、歯病にも慣れて

歯週病は主に細菌によるので、きれいに維持する良好な口腔環境対策,歯週病の発生、民衆に使用でき、歯間ブラシ歯ブラシの線、助けて清潔で、3度の食事の食後洁牙,免疫力低下、歯垢を積み上げにくくなら口の牙結石形成しにくい、または戒めを育ててはいけない酒を飲んで、たばこを吸って、檳榔樹の習慣.歯週病治療後、定期的に半年回診察検査、スケーリングを維持し、歯週安定歯週病予防.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です