糖尿病の免疫力低下人よりやる筛检がん

トップは30年近く、糖尿病は2009年には第5位にランクされている.この2大疾病は関係がないと見えるが、しかし、その研究は密接に関係がある.

高雄の庚病院新陳代謝科医師、中華民国糖尿病学会常務理事陈荣福、過去おなじみ糖尿病を引き起こすかもしれません心臓
,腎臓、足や網膜病変が、近年は内外の多くは研究し発見して、糖尿病も可能増加加にがんのリスクは、がんの予後悪く∶

●海外統合的資料によると、糖尿病人(特に第2型)、すい臓がん罹患肝臓癌、子宮体癌、結腸直腸がん、乳がん、膀胱がんのリスクが高く、特に肝臓癌、子宮体癌とすい臓がんのリスクは、普通の人より2倍以上高い.

1型糖尿病と癌の関係、関係研究が少なく、胃癌、子宮内膜、子宮頸がん、皮膚がん、リンパ癌とすい臓癌のリスクが増加する可能性があるという研究がある.

●日本は今年2月に発表された研究し発見して、アジア糖尿病人にがんのリスクは普通より高23%の死亡率が高くなった32%、西洋糖尿病人にがんリスク一般より多い15%、死亡率が多い16 %.つまり、東と西ない分、糖尿病患者にがんリスク、死にがんのリスクも高く、東方人よりも西洋人のリスクが高いと説明して、陈荣福.

●2011年一篇発表で『新イングランド医学ジャーナル」の大型研究し発見して、もしごじゅう歳時に得られる糖尿病、平均余命減少ろく年(少活ろく年)、そのうち58%から心臓血管の疾病,免疫力低下、30%はガン.

●台灣の研究し発見して、糖尿病と大腸の直腸癌、肝がん、胆道がん、乳がん、膀胱がん、リンパ細胞がん口腔がん、鱗状転じ関係,そして一部のがん(例えば乳癌、膀胱がんの死亡率は若い糖尿病患者が相対的に高い.

●大病院内分泌や新陳代謝科医師曾庆孝分析健保データベース25万ろく千数名の糖尿病患者の資料(死亡診断書)が発見し、約2割糖尿病患者に死に、がんを非糖尿病患者の128倍で、この2種類の疾病に関する表示可能.

●台灣から衛生署が発表した主な死因死亡率傾向図から見ると、糖尿病の死亡率は約ががんと平行、インタラクティブな状態、これからこの2種類の病気の可能性について、陈荣福と言う.