絆創膏は2日間を超え免疫力低下てはいけない

p>ある人<による外傷後、絆創膏が好きで、しかし注意するべきで、絆創膏のみ適用は比較的淺い時計や傷口がきれいで、出血多くしかも縫合の小さい傷口からしばらく、止血、保護創面の役割は、もし使い勝手にだけでなく、あるべき役割は、かえって影響が傷を癒して.

Pは、ある人が直接絆創膏と絆創膏をし、これは正しくない、傷口に感染しやすくなります.まず傷口をきれいに掃除した後(最高で消毒あるいはヨードチンキで3%のオキシドール洗浄)、更に絆創膏湿布.絆創膏は特殊止血薬を含んで、それは比較的に深刻な出血状況に対して効果がないです.トラウマに大きく、あるいは組織損傷が深刻で、傷は汚染された、を貼っ弱みの怨霊絆創膏は間違いなく、これが深まって感染による壊死、も呼ぶ破傷風や血液感染(つまり敗血症).現場無条件処理、まずきれいな水で洗い流して傷口を洗い流して、絆創膏を簡単に巻いて、同時に、病院に時間がかかることを急いで処理します.

絆創膏の時間、絆創膏の時間は長すぎて、2日間を超えないで.絆創膏外層の粘着テープは通気して、巻いて時間が長すぎると傷口と傷口のまわりの皮膚細菌の二次感染するやすいです.と同時に、絆創膏絆創膏が纏ないように纏、傷口を通さずに嫌気性菌感染することができない.きつく纏、傷ついた部位の血液循環が妨げられて虚血性壊死.

(責任編集:徐晓宇)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です